EPC-RFID-FORUM Auto-ID ラボ・ジャパン GS1 Japan
会員専用ページへ

トップページ > イベント紹介

第14回 EPC RFID FORUM
「流通における電子タグとそのデータ活用の方向性
 〜経済産業省・電子タグ1000億枚宣言の取組状況〜」

EPC RFID FORUMでは第14回EPC RFID FORUMを下記のように開催しました。

<第14回 EPC RFID FORUM 開催概要>

■ 日 時 : 平成30年6月14日(木) 13:00〜17:00(12時30分開場)
■ 場 所 : ベルサール飯田橋駅前 イベントホール
(東京都千代田区飯田橋3-8-5 住友不動産飯田橋駅前ビル)
■ プログラム:
時間 テーマ・講師(敬称略)
12:30〜13:00 受付・ポスター展示
13:00〜13:05 開会挨拶
慶應義塾大学Auto-IDラボ・ジャパン
教授 三次 仁
13:05〜13:35 電子タグ1000億枚宣言の背景と狙い・今後の展開
経済産業省 消費・流通政策課
係長 加藤 彰二
13:35〜14:05 経済産業省2017年度実証実験報告
大日本印刷 情報イノベーション事業部
C&Iセンター・IoSTプラットフォーム本部・IoSTサービス企画開発部 第1課
課長 中野 茂
休憩・ポスター展示 (30分)
14:35〜15:45 海外におけるサプライチェーン・データ -EPCIS- 活用動向(英日逐次通訳)
Senior Manager Identification/Data Carrier
GS1 Standards + Products, GS1 Germany
Ralph Tröger 略歴はこちら
15:45〜16:25 電子タグが支配する未来のマーケティング
プロクター・アンド・ギャンブル・ジャパン株式会社
エンタープライズ データサイエンス
シニアデータサイエンティスト 今村 修一郎
16:25〜16:30 閉会挨拶
流通システム開発センター
常務理事 濱野 径雄
〜17:00 ポスター展示


copyright